2010年04月30日

四月は白い緑の季節

brc_100430_01.JPG


いいお天気。
今朝は、絶好の行楽日和ですね。
(私は、お仕事。)
気温も上がりそうなので、きっと緑が更に燃え上がることでしょう。
いつも写している定点の花水木も、日増しに緑を増してきています。
ただ、惜しむらくは先日の四月の雪。


brc_100430_02.JPG


お分かりになりますでしょうか。
ちょっと、霜にあたっているのです・・・。

山の木々は、遠くから見ると綺麗に鮮やかに萌えていますが、
もしかしたら、近くで見たら同じような状況なのかも。
これから初夏、夏にかけての風景に、どんな影響があるんでしょうね。

ともあれ、快晴の四月最後の日。
お休みの方もそうでない方も、どうぞよい一日を。











ラベル:季節
posted by rabbit at 08:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月29日

躑躅の不思議

brc_100429_20.jpg


躑躅(つつじ)って、不思議です。


brc_100429_21.jpg


家の中からみると、光ってるんです。
で、うわ、凄い!と思って外に出て、近くで見ると、あれ?と思う。
家の中から見たときほど、鮮やかに見えないんですね。


brc_100429_22.jpg


で、首をかしげながら家の中に戻り、また外を見ると、やっぱり光ってる。


brc_100429_23.jpg


今日は、そんな経験を何度もしました。
さて、ご紹介している画像は、先日から何度か登場しております、
うちの霧島躑躅(きりしまつつじ)の花です。
今年は、春先のおかしな天気に振り回されてしまったせいか、
(何しろ、蕾を持ってから雪が降ったのですから)
いつもの年よりも元気がなく、木の北側半分にしか花がつかなかったのですが、
それでも、咲き始まってみれば見事に花が燃えています。


brc_100429_24.jpg


やはりこの花が咲かないと、初夏を迎えるという気がしませんね。


brc_100429_25.jpg



brc_100429_26.jpg



brc_100429_27.jpg



brc_100429_28.jpg



brc_100429_29.jpg



でも、こんなに咲いていても、まだ庭中躑躅の香り、という風にはならないんです。
どうしてかな、と考えると、やはり気温なんですね。
よく晴れて、花に日光が十分に当たって、庭中がむっとするほど温まってこそ、
つつじは見事に匂い立つんです。
そのあたりが、寒くても優雅に香り漂う早春の花と少し違うところです。
あと、あたたかな雨上がりなども、庭中に躑躅の香りが溢れる日。
(でもそれは、どの花も一緒かな。)

そういえば、デュ・モーリアの「レベッカ」でも、躑躅の香りがとても印象的に使われていました。
ヒロインが始めて「幸福の谷」を歩くシーンの、その木々から香る躑躅の香りに始まり、
彼女の夫が、落ちていた花を拾って彼女に手渡したときの、
その花から立ち上る鮮やかなまでの香り。
また、温室にかけてあったコートのポケットに入っていたハンカチからも躑躅の強い香りが漂って、
(そのハンカチもコートも、亡くなった前夫人のものなのですが)
あたかも、躑躅の香りが一つの人格の残像ででもあるかのように、
強烈に描かれています。

薔薇でもなく、百合でもなく、ライラックでもなく、あくまでも躑躅。
そこが、デュ・モーリアの恐るべきところだと思いました。
だって、躑躅の香りを思い浮かべるときって、
温度や湿度まで一緒になって、体に絡み付いてくるのですから。

ま、「レベッカ」のことは置いといて。


brc_100429_30.jpg


朱色の躑躅ばかりでもなんなので、こんな青みがかったピンクの三つ葉躑躅はいかがでしょう。
まだ小さい木ですが、庭にはっとするようなアクセントを添えてくれています。
桜草とも薔薇とも八重桜とも違う、独特のクールなピンク。
こんな色のワンピースがあったら、素敵ですね。


brc_100429_31.jpg


最後は、庭で一番光っていた、濃いルビーレッドの躑躅。
ルビーレッドというよりは、ルベライトトルマリン色でしょうか。


brc_100429_32.jpg


なんとも魅惑的な、鮮やかな色合い。
(実物は、もっと光るように赤く、深く、濃いのです。)
まだ満開ではありませんが、少し暗い家の中からこの色を見ると、
補色の残像が残ってしまうほど、強烈に光り輝いています。


ということで、今日はちょっと多めに、庭の画像をお届けしました・・・。









ラベル:季節 つつじ 植物
posted by rabbit at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

満天星の咲く頃に

brc_100429_09.jpg


定点は、今日も元気ですね。
ということで、続きです。

生垣や、その下にひっそりと自生(というかなんというか)している花たちは、
普段はあまり目に入らないだけに、たまに思いがけない発見をすることがあります。
まずは、こちら。


brc_100429_10.jpg


えー、ちょっと剪定をさぼっている間に、まるで茶摘み前のお茶の木のように、
いっせいに伸びてしまった灯台躑躅(どうだんつつじ)の生垣・・・。
(しかし、なんでこんなに元気なのかしらね・・・。)
水仙のときにも言いましたが、うちは、他所より少し花が遅いです。
だから、あちこちでもう灯台躑躅の花が殆ど満開になっているにもかかわらず、
うちの東側の生垣になっている灯台躑躅は、まだ全然緑色。

と思っていたのですが、今日、今年初めての花を見つけました。


brc_100429_11.jpg



brc_100429_12.jpg


綺麗ですね。
まるで、何かの秘密のように咲いている灯台躑躅の白い花。
鈴蘭もそうですが、白にほんの少しの緑、という小さな花は、
清楚で可憐で、私はとても好きです。


brc_100429_13.jpg


灯台躑躅は、別名を満天星とも言いますが、うちはまだまだ一番星といった感じ。
これからが楽しみです。
(でも、つんつんと伸びてしまった新芽をどうしよう・・・。)
ちなみに、この灯台躑躅の植え込みの陰には、しいたけの原木を置いているんですよ。


brc_100429_14.jpg



brc_100429_15.jpg


ハマナスも、もうこんなに茂りました。


brc_100429_16.jpg


と、ハマナスの足元近くに、カタバミを発見。
家の中に置いてある「桃の輝き」(オキザリス=カタバミの園芸種)も綺麗ですが、
野生のカタバミも、近くで見るととても綺麗です。


brc_100429_17.jpg


また、野の花を石の一輪挿しに挿して飾ろうかな。


brc_100429_18.jpg


ゼニゴケも、近くで見ると可愛いですね・・・。


brc_100429_19.jpg


玄関前の松の木の足元近くに、桜草を見つけました。
そういえば、桜草、毎年生えるんだっけ。
ずっと以前に植えて以来、毎年顔を出してくれる花です。
(うちはそんなのばっかりです。)

庭は、いつ歩いても新しい発見がある。
自分の家のささやかな庭なのに、なんだか不思議な気分です。

(つづく)









posted by rabbit at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

牡丹と燈籠

brc_100429_01.jpg


庭の牡丹が咲きました。


brc_100429_02.jpg


不思議です。
ゴージャスと呼んでもよさそうな花なのに、ふわふわと咲く様は、
どこか清楚な色を残しています。
確かに、庭の中でも目立つには目立つのですが、主張の強さがあまりありません。
主役を張るよりも、木の下で揺れている方が似合っているような気がします。
ハンカチや和服の柄になっているときは、豪華そのものなのに、面白いものですね。
それとも、うちの牡丹がちょっと日陰にあるから、そう見えるだけなのかしら。


brc_100429_03.jpg


蕾も美しいです。


brc_100429_04.jpg


どことなく壷を思わせる形の、開きかけの花。
大輪になる予感を秘めて、内側から開いていく様子が伺えます。


brc_100429_05.jpg



brc_100429_06.jpg


こちらは、小さめの蕾。
外側から少しずつほどけていく感じが、なんとも美しい。
およそ儚いという言葉が似合いそうにもない花なのに、やはり儚げです。
その花びらの薄さのせいでしょうか。
薔薇などに比べたら、3分の1くらいしかなさそう。
子供の頃に作った、薄紙の花を思い出しました。


brc_100429_07.jpg



brc_100429_08.jpg


芍薬は、まだ少し早いみたい。
でも、蕾が少し色づき初めているところを見ると、連休中には咲くかも・・・。


と、歩いていて、ふと気付いたのですが。


庭の、石燈籠は、どこ?


牡丹の横にあったはずなのに、いつの間にか撤去されていたようです。
でも、それに気付かない私って・・・(あんな大きなものを・・・)。


ま、いいか・・・。


そんなわけで、庭の散策は続きます。









posted by rabbit at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月28日

Mariage Freres の紅茶のジャム

brc_100428_01.JPG


薔薇のジャム、薔薇の紅茶、というものは、小説などで昔から馴染みがありますが。
(ご令嬢や乙女が、スミレの砂糖漬けと共に主食にしているあれです。)


brc_100428_02.JPG


紅茶のジャム、というものは、これが初めてです。
(とは言っても、知ったのは随分前なんですけどね。)


brc_100428_03.JPG


頂き物の、マリアージュフレールの紅茶のジャム。
味見をしてみると、紅茶の風味の向こう側に、ほんのりレモンの味がします。
紅茶そもの、というより、紅茶キャンディーに近いかな?


brc_100428_04.JPG


ご覧の通り、色はとっても綺麗なすきとおった紅茶色。
(葉っぱが浮いているのが、見えますか?)

スコーンやトーストに塗るのもいいけど、
パンを焼く際に、生地に巻き込んでもよさそう。
今度、ミルクたっぷりの柔らかめのパンを焼く際にでも試してみようかしら。

ところで、風味といえば、いつも悩むことがあります。
それは、コーヒー風味のお菓子やパンを頂く際に、
いったい飲み物はどうしたらいいんだろう?ということ。
コーヒー風味のお菓子にコーヒーだと、確実にどちらかの風味が負けてしまうか、
酷いときには香りがぶつかって妙な味になってしまいますし、
コーヒー風味のお菓子に紅茶というのも、なんか”ちょっとあれ”なんですよね。
かと言って、ハーブティーやその他のお茶、飲料をあわせるというのも・・・。
コーヒー風味のお菓子は、その風味がしっかり立たせてあるのが普通なので、
飲み物に香りや酸味があると、その個性とぶつかってしまいます。
それがあるので、基本的に、コーヒー風味のお菓子というのは、
手を伸ばすのを躊躇ってしまうのですね。
紅茶風味のお菓子やパンのときには、
カモミールティーやミントティーをあわせると美味しいので、OKなのですが。

ともかくも、紅茶のジャム。
焼きりんごにあわせてもいいでしょうし、
オレンジマーマレードなどとあわせてスプレッドにしても美味しいかも。
甘いのがお好みの方なら、ホイップクリームとあわせて、
スイートサンドイッチにしてもいいかもしれません。
いろんなものがあるな、と思いました。










posted by rabbit at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。